KRAIBURG TPE、自動車用途向けの低臭気・低排出基準を満たす新たなTPEを発表

多くの詳細な試験によれば、大気汚染物質の濃度は路上よりも自動車の車室内の方が高いことが明らかとなっています。車室内で検出されたこの浮遊微粒子状物質は、呼吸器疾患から心血管疾患まで、人間の健康に様々な悪影響をもたらす可能性があります。

車室内空気環境(VIAQ)に関する研究では、自動車の内装部品に使用されているプラスチックとゴムから放出された揮発性有機化合物(VOC)と半揮発性有機化合物(SVOC)の存在が明らかとなっています。このため規制当局は、揮発性物質の放出に関する試験と、自動車の車室内空気の品質評価の双方に関する整合性の取れた方法を策定すべく、更なる取り組みを行っています。この動きにより、VIAQのフレームワークを採用したアジアとアメリカ、またヨーロッパのいくつかの国においては、自動車メーカーは各国でそれぞれ異なったガイドラインや試験手順への遵守が求められる結果となっています。low odour and emission

自動車用途向けの低臭気・低排出基準を満たす新しいTPE材料

自動車用途で広く使用されている素材である熱可塑性エラストマー(TPE)は、同業界での低臭気に対する要求事項を満たすものです。KRAIBURG TPE(クライブルグTPE)は、新グレードであるTHERMOLAST® K(サーモラスト®K)・FG/SFシリーズをはじめ、成形後の揮発物の放出が低く、低臭気、耐紫外線性を備え、且つ成形性が良好である高性能なTPE製品群を展開しています。
 
 
  OEM市場の一般的な要求 KRAIBURG TPEの内装用TPE材料
臭気 VDA 270 3以下 3
VOC VDA 278 500µg/g 260 µg/g
SVOC VDA 278 2000µg/g 915 µg/g
 
さらに、TPEには、優れた耐候性、耐油脂性、耐磨耗性に加え、ハイサイクル対応によりコスト効率の良い加工が可能であり、また振動減衰性やと優れた接着性能を発揮するという特長をも備えています。TPEは、コントロール部品、滑り止めマット、ウィンドウトリム、カウルパネル、スポイラー、シーリング材、エアダクトの部品など、様々な自動車部品に使用されています。

お客様の全面的な満足を目指して
VOCとSVOCへの市場要求を満足する材料の開発が示すように、KRAIBURG TPEは、顧客の仕様に合わせたカスタムエンジニアリングによる高品質コンパウンドを軸に、人、プロセス、製品の各要素を包括的に配慮した独自の品質コンセプトを通した顧客満足度こそが、自社の成功の尺度であると考えています。

比類なき高品質とカスタムエンジニアリングによるコンパウンドは当社の基礎であり、またあらゆる方法で顧客をサポートすべく、製品の提供だけではなく、専門的技術知識の提供や個別のアドバイス、また密接したカスタマーサービスなど、様々なサービスを提供しています。KRAIBURG TPEは、お客様のために常にプラスアルファの努力を続けています。

今後の最新情報

KRAIBURG TPEは革新的なソリューションや業界の最新ニュースを随時お届けしています。今後もKRAIBURG TPEからの情報にご注目下さい。
 

ニュースコンタクト

国際

Marlen Sittner

電話: +49 86 38 98 10 - 272

Marlen.Sittner@kraiburg-tpe.com

ヨーロッパ·中東·アフリカ

Simone Hammerl

電話: +49 86 38 98 10 - 568

Simone.Hammerl@kraiburg-tpe.com

アメリカ

Katherine Olano

電話: +1-678-584-2350

Katherine.Olano@kraiburg-tpe.com

アジア太平洋

Bridget Ngang

電話: +603 9545 6301

Bridget.Ngang@kraiburg-tpe.com
© KRAIBURG TPE GmbH & Co. KG | All rights reserved | 法的免責事項 | 機密性の規則 | ご利用規約 | 購買条件
close search