化粧品パッケージ


化粧品市場のニーズを満たす

NEW: COPEC®をベースにした、化粧品用の高耐久性TPE 

市販の化学物質、特にイソドデカンに対する耐久性を備えた、ウォータープルーフ化粧品のための特別なTPEを開発しました。

既存のポートフォリオにすでに記載されている特性に加えて、新しい化粧品用高耐久性TPEの特徴は以下のとおりです。

  • イソドデカンと皮脂に対する耐性
  • 優れた機械的性質
  • 耐摩耗性
  • ショアAスケール65から85までの硬度
  • 離型性 / 成形性
  • TPC、PETGおよびCOPEC®への接着性
ファクト・シート 化粧品用の高耐久性TPE Download pdf / 0,61 MB
  • この材料は以下の規格に準拠しています
    • REACH
    • RoHS
    • California Proposition 65
    • EU規則 No 10/2011
    • 米国FDA(食品医薬品局)CFR 21(原材料適合性)
    • Mercosur N°39/19
    • ISO 10992-23 (Skin irritation)
    • EN 71-3
  • 動物由来成分不使用
  • 工程内リサイクルが可能
  • 着色可能

主な用途 

  • 化粧品容器
  • リップグロス・アプリケーター
  • マスカラ・ブラシ
  • 化粧容器用ワイパー
  • ピペット・キャップ

THERMOLAST® Kをベースにした、ひと目でわかるあなたのメリット

バイオベースのコンパウンドを開発中:様々な用途分野のためのカスタマイズされたソリューションKRAIBURG TPEのTPEスペシャリストにご相談ください。

  • 耐化粧薬品性
  • 滑らかでベルベットのようなソフトタッチ表面の手触り
  • 規則 (EU) No 10/2011、FDA – 連邦規則集 (CFR)、カリフォルニア提議65、規則 (EC) No 1223/2009を考慮
  • 広範な熱可塑性素材(PP、PE、PA、PBT、PC、PETG、SAN、ABSなど)を使用した多成分射出成形による加工
  • 最も一般的な極性および無極性熱可塑性物質との接着性
  • REACHおよびROHS適合
  • ラテックス、PVC、フタル酸は不使用
  • 重金属不使用
  • 社内で様々な着色オプションを利用可能
  • リサイクル可能
  • 規制トピックに関する高レベルのサービス
  • 多数の化粧品パッケージ用途で実績
  • 利用可能なバイオベースのコンパウンド:様々な応用分野でカスタマイズされたソリューション。KRAIBURG TPEで個人的なTPEスペシャリストにお問い合わせください。

製品のさらなる情報

さらに製品を検索して当社の広告チラシをダウンロードしてください。

当社のパッケージ向けの熱可塑性エラストマー(TPE)コンパウンドに関する詳細をご希望の場合:

当社のパッケージ専門スタッフが詳細を提供させていただきますので当社までお問い合わせください。お客様のニーズに適切なソリューションを一緒に考えさせていただきます。

 

お問い合わせフォームで提供した個人データを収集し、質問に回答するために処理することを私は許可します。質問の処理が完了した後、データは消去されます。以下の点にご留意ください。この許可は今後、Datenschutz@kraiburg-tpe.com にメールを送信することで、いつでも取り消すことができます。ユーザーデータの取り扱い方法の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

*Mandatory field

Selangor / Kuala Lumpur - Malaysia

KRAIBURG TPE TECHNOLOGY (M) SDN.BHD.

Company No.: 199601032477 (404829-V)

お問い合わせフォームで提供した個人データを収集し、質問に回答するために処理することを私は許可します。質問の処理が完了した後、データは消去されます。以下の点にご留意ください。この許可は今後、Datenschutz@kraiburg-tpe.com にメールを送信することで、いつでも取り消すことができます。ユーザーデータの取り扱い方法の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

*Mandatory field

お問い合わせフォームで提供した個人データを収集し、質問に回答するために処理することを私は許可します。質問の処理が完了した後、データは消去されます。以下の点にご留意ください。この許可は今後、Datenschutz@kraiburg-tpe.com にメールを送信することで、いつでも取り消すことができます。ユーザーデータの取り扱い方法の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

*Mandatory field